親子で楽しい!前橋工科大学「こども科学教室」に行ってきました

前橋工科大学

8月10日、11日に前橋工科大学で開かれた「こども科学教室」に行ってきました。(ちなみに前橋工科大学の略称は「MIT」だとか。カッコいい!笑)

こども科学教室は、前橋工科大学でで毎年夏休み中に開かれているイベントです。学生が準備した子ども向けの科学実験や工作コーナーといった展示が一般公開されます。

せっかく近所でやっていたので、普段から工作などして遊ぶのが好きな、我が家の兄妹を連れて行ってきました。

会場レポート

会場には全部で22の展示物がありました。

まずこちらは「コミュニケーションデザイン」受講生によるキャンパス改造計画案の展示。いくつか展示されている案のうち、気に入ったものに「いいね!」シールを貼ります。

キャンパス計画

こちらは「輪ゴム銃のマツボックリ倒し」。マツボックリの間にこっそり景品も隠れていて、子どもが夢中になって狙ってましたよ。(景品は小さいメジャーでした。)

輪ゴム銃の松ぼっくり倒し

これは「あかちゃんエビにエサをあげよう」というコーナー。エビの生態(エビは目があまり見えてないとか)を教えてもらいながら、みんなでエサをあげていました。

赤ちゃんエビ

ロボコンを体験してみよう!」では、2011年のロボコンに出場したというロボットの操作体験をさせてもらいました。コントローラがスーパーファミコンの形でしたね(おじさんは分かる)。

ロボコン

中庭にあった「ダンボールイスてんらんかい」では、いろんな形にデザインされた段ボール製イスが並んでいました。さすが、建築学科のある大学という感じですね。

段ボール椅子展覧会

お昼には、この日だけ解放された学食でランチを食べたりもして、一日中楽しく過ごさせてもらいました。

感想

はじめはさらっと見学する気分で遅い時間にのんびり出かけたのですが、予想以上に楽しめる展示が多く、またどれも子どもたちが面白がっていたもので、翌日も連戦で行くことに。まるで二日がかりでディズニーランドを回っているかのような満足度でした(笑)

また行きたいので、ぜひ今後の開催も楽しみにしてます!